オススメのもの PR

【新生児から使える【バガブービー6 (Bugaboo Bee6)】は重い!?実際に使用してみた感想、レビュー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

子どもを持つ親として、ベビーカー選びは欠かせないひとつのイベント。いざ調べてみると種類がありすぎて、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

私自身もすごく悩んだ末、海外製ベビーカーの中でも大人気の【Bugaboo bee6(バガブービー6)】を購入しました。

shuuko
shuuko
結果、デザイン面、押し心地、使い勝手と、全てにおいてとっても満足しています!

今回は、そんな【Bugaboo bee6(バガブービー6)】の大満足した点、イマイチな点を含めレビューしていきますね。

 

この記事は

  • バガブービー6って実際どうなの?
  • 海外製ベビーカーが気になってる!
  • オシャレで機能性抜群なベビーカーが欲しい!

そんな方にオススメの記事です。

オランダ発オシャレベビーカー、バガブービー6とは

バガブーは子育て先進国であるオランダで誕生したベビーカーブランド。日本でもハイセンスで高機能なベビーカーとして、特に都市部の子育てファミリーから絶大な支持を集めています。

バガブービー6はバガブーブランドの数種類あるベビーカーの中でもコンパクトなつくりになっていて、展開時は幅53cmと駅の改札を十分に抜けられる幅に設定してあり、日本の交通事情に適しています。

新生児〜22kgまで使用可能、子どもが大きくなっても荷物をたくさん載せてもスイスイ走る安心なベビーカー、それがバガブービー6です。

バガブービー6をオススメしたい理由

押しやすさと走行性が抜群!公園や砂利道でもスイスイ進むバガブービー6!

 

shuuko
shuuko
軽さが自慢の日本製ベビーカーとの決定的な違いはタイヤ!走行している時の安定感が全く違います。

持ち運びがしやすいよう、タイヤは薄くて軽い!が売りのベビーカーも多いですよね。それに対し、バガブービー6のタイヤは厚みがあり、しっかりとした作りになっています。

だからバガブービー6はガタガタの砂利道でもしっかり走るし、 強い風が吹いても車体がふらつかず安定感が抜群なんです。

 

内向き(対面)、外向き(背面)の切り替えが可能。新生児期も安心!

座席の向きは、内向き(対面)と外向き(背面)に切り替えられます。

新生児期などは対面での走行がママも安心ですよね。アクセサリーで別売りのキャリーコットを組み合わせてもOK!

 

デザインがオシャレ。自由にカスタマイズができるのも魅力。

単純なことですが、バガブービー6はデザインがオシャレ。だから持っていてテンションが上がります。それに加えて自分好みにカスタマイズができたり、別売りのアクセサリーも充実していて可愛いんです。

 

shuuko
shuuko
ちなみに実際の我が家のバガブーのカスタマイズはこんな感じ。ピンクのサンキャノピーにブラックのフレームとシート。別売りのアクセサリーにはグレーメランジのフットマフを選び、ドリンクもお菓子も入るビートレイも設置しました。

 

 

バガブービー6のカスタマイズ方法を紹介していきます!

 

shuuko
shuuko
では実際にどのようなカスタマイズができるのかみてみましょう

 

まずはサンキャノピー(屋根)と、土台であるフレームのカラーを選びます。

サンキャノピーのカラーは全部で7種類、本体のフレームカラーはブラック o rシルバーから選べます。

 

シートカラーはグレー or ブラック から選べます。

一旦、こんな感じで自分好みのバガブービー6が完成します。別売りのアクセサリーについてはまた後ほど紹介していきますね。

バガブービー6の機能はこれだけじゃありません。他にも紹介したいポイントを簡単に伝えていきますね。

リクライニングが自由自在

リクライニングは3段階。気分に合わせて、リラックスできる角度を選べます。

頑丈なベース

安定感のあるフレームと、パンクの心配がない7インチのラバー旋回式ホイールがで軽い押し心地に。

ハンドル

ハンドルバーは高さ調整が可能。縮めて保管することもできます。

UPF50+

高い通気性と耐久性を誇るサンキャノピー。日差しに合わせて拡張可能。取り外してお洗濯ができます。

5点ハーネス

長さの調整可能な5点ハーネス。ベルトはワンタッチで外すことができるから、乗せ降ろしも簡単!

折りたたみ

ワンタッチでコンパクトに折りたためるから、持ち運びや保管も楽ちん。

バックレスト

子どもの身長に合わせて、背面の高さを4段階に調節可能!

座面

月齢が低いうちは膝を伸ばせるよう座面を前に引き出せます。成長したら、快適な角度で膝を下ろせるように座面を短くできます。

バスケット

アンダーシートバスケットには4kgまでの荷物を入れられます。

フットブレーキ

踏みやすい位置にあるフットブレーキで、後輪をしっかりロックしてベビーカーを固定できます。

スタンドバー

セルフスタンドバーで自立が可能、収納にも便利!

回転式バンパーバー

新機能の回転式バンパーバー搭載で、精神的により安全な乗り心地を叶えます。

雨の日も安心、レインカバー

専用のレインカバーが標準装備。後から買い足す必要がないから安心!

 

バガブーはアクセサリーも豊富!オススメアクセサリーを紹介!

shuuko
shuuko
バガブーはベビーカーに取り付けられるアクセサリーがたくさん!デザインも可愛くて素材も上質だからついつい揃えたくなっちゃいます。

オススメアクセサリー① キャリーコット

新生児の赤ちゃんとのお出かけをより快適にするキャリーコットです。ベッドのようなフルフラットシーになっているので外出中にお子様が眠ってしまっても安心なアイテム。

 

オススメアクセサリー② フットマフ

体温調節をサポートするために寒ーい冬場には必須のフットマフです。表地には撥水素材、裏地にはやわらかい上質な通気性素材を使用していて蒸れることなく快適に過ごせるのが特徴。

内蔵の靴を覆うシールドが内側を清潔に保つので、遊んだ後の汚れた靴でも問題なし!

 

オススメアクセサリー  色々!

例えば・・

  • ドリンクとお菓子が両方入れられるビートレイ
  • ドリンクが入れられるカップフォルダー
  • バガブービー本体に取り付けられるUPF 50+の生地でできた子ども用パラソル
  • 新生児用のキャリーコットに比べて軽めの生地で通気性もよく夏場でも使えるコクーンライト
  • 旅行先などでベビーカーを傷や汚れなどから守るベビーカーケースコンパクトトランスポートバッグ
  • 上のお子様と一緒にベビーカーでお出かけができるよう、バガブービーに取り付けることができる大人気アイテム、コンフォートホイールボード

 

 

shuuko
shuuko
この他にも可愛いアクセサリーたくさんあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

バガブービー6、デメリットはある?

デメリット1 : 操作性は良い。押し心地も軽い。でもベビーカーの重量は重い。

日本製で5Kg以下の軽さを謳っているベビーカーが珍しくないなか、バガブービー6の重量は9.4kg!

この重量が気になって購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

ちなみに我が家はベビーカーを持ち上げて運ぶといったシュチュエーションがあまり無かったので重いことをデメリットとは捉えていませんでした。

もし、・ベビーカーを頻繁に移動させる・ベビーカーを持った状態での階段の上り下りのシュチュエーションが多々ある。それでいて体力には自信がない

今の項目に心あたりのある方は、重いベビーカーを選んだことを後悔する日がやってくるかもしれません・・・・

ただ重量感があるからこその操作性の良さと安定の走りを求める方には本当にオススメのベビーカーです!

デメリット2 : 値段が高額になる

値段は10万円近い金額になるため、他のベビーカーブランドと比べるとバガブービー6は高額な部類に入ると思います。

我が家もここは悩みましたが、・保証期間は最長で4年(標準保証2年➕サイトから登録するとさらに2年追加)・安全性、安定性を重要視・デザインのかわいさ

これらを考慮した結果バガブービー6を選びました。

今では悔いはありません!本当にオススメのベビーカーですよ。

バガブービー6買うなら楽天・Amazonがオススメ

我が家は「楽天市場」でバガブービー6を購入しました。ベビーカーは高額な買い物になるので特に楽天はポイントがたくさんつくのでオススメです。